デリケートゾーンの脱毛が恥ずかしい!なんとかならない?

 

デリケートゾーンの脱毛は恥ずかしい、という人は少なくありません。普段人に見せることはまずない場所ですから、恥ずかしくて当然でしょう。しかし、デリケートゾーンは自分で処理するのが難しい場所だけに、脱毛してしまえばかなり楽になります。そのため、人気の部位ではありますし、したいのはやまやまだけど、恥ずかしいのがちょっと、ということになるのです。

 

実際にデリケートゾーンの施術をするときは、専用の下着をつけて、ずらしながら照射を行うので、それほど見えるわけではありません。サロンによってはタオルをかけてずらしながら照射する場合もありますが、いずれにしても照射に必要なところ以外は見えないように配慮されているので、心配することはないでしょう。

 

また、施術中にスタッフと目がって気まずい思いをしないように、顔にもタオルをかけてくれるところが多いです。自分が見えない状態なので、意外と恥ずかしくありませんし、下着をつけている安心感もあるので、思っているほど無防備な感覚もありません。しかも、スタッフはVIO脱毛には慣れていて、毎日何人もの施術を行っていますから、見えてしまってもなんとも思いません。もちろん女性のスタッフによる施術ですし、慣れていない人には特に恥ずかしくないように配慮しながら行ってくれるので、気にせずに通うのが良いでしょう。多くの人は、はじめは恥ずかしかったけど何回か通ううちに慣れて何ともなくなった、と言いますから、慣れるのが一番です。

 

 

デリケートゾーン脱毛の痛みが我慢できない!

 

デリケートゾーンの脱毛で最もネックになるのが、施術の際の痛みです。デリケートゾーンは、肌が薄く、それでいてしっかりした毛が生えていることが多いため、毛量の多い最初は特に施術の際に痛みを感じやすいところになります。ニードル脱毛しかなかったころは、痛すぎて断念した、という人もたくさんいたほどです。光脱毛は、それに比べるとずいぶん痛みが軽いので、最近では人気のメニューとなっていますが、それでも他の部位に比べると痛みは強い傾向があります。

 

この痛みについてはある程度仕方がないのですが、医療脱毛に比べるとサロンのほうが出力が弱い分、痛みは感じにくい傾向があります。回数は多く通う必要がありますが、痛みに弱い人はサロンを選んだほうが続けやすいということはあるでしょう。サロンによっては痛みが少ない機会を使っている場合もあるので、いろいろ調べながら探すのもいいかもしれません。

 

また、この痛みは毛が多いと感じやすいため、何回か施術をして毛量が減ってくると感じにくくなっていきます。最初が一番痛いので、「痛い!」と思っても、この痛みがマックスだと思って我慢するしかありません。どうしても痛い場合は、スタッフにいえば、冷やしながら施術をするなどの対応をしてもらえる場合が多いです。

 

医療脱毛の場合は痛みがつよいぶん、クリニックによっては笑気麻酔を使用してくれる場合があります、これを使えば痛みは感じにくくなりますが、オプションで別料金になることも多いので要確認です。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみは脱毛でなおるの?

 

デリケートゾーンのムダ毛を自己処理していたら、黒ずみができてしまった、という人は意外と多いものです。これは、肌に負担を与えたことによる色素沈着ですが、デリケートゾーンはその名の通りデリケートなので特に色素沈着が起こりやすい部分。しかも、できてしまうとなかなか治らないのが困ったところです。

 

この黒ずみは、脱毛をするときにも問題になることがあります。脱毛をするときは、黒い色に反応する光を当てて、メラニン式を持つ毛根を壊し、毛が生えないようにしていくのですが、肌の色が黒いとそこにも反応してしまう可能性があるのです。つまり、施術前には日焼けNGというのと同じ理由で、黒ずみがあるために施術できない可能性もあります。

 

しかし、実際には毛と同じくらい黒くない限り、施術できないということはありません。サロンによっては、黒ずみを解消するようなケアを並行して行ったり、クリニックの場合はそれを改善するための薬を処方してくれることもあります。脱毛によって色が濃くなることはまずないので、色素沈着が悪化する心配はありません。

 

施術が完了するまでは、自己処理をすることもあるでしょうから、それまでは肌に負担を与えないように、注意して行うようにしましょう。雑に剃ったりすると、色素沈着が悪化する可能性もあります。また、食事などでしっかり栄養を摂り、新陳代謝を活発にすることも、色素沈着の解消には有効なので気をつけていきましょう。